ガスメーターの見方

Homeガスメーターの見方

ガスメーターはとても高性能!

近年のLPガスメーターは非常に高性能で、世帯ごとのガスの使用量の学習や地震・異常流量などトラブルを検知すると自動で安全遮断を行ってくれます。
ここではどういった時に安全遮断が起きるのかと、ガス遮断時にできるセルフ復帰の方法をご紹介します!

ガスメーターの遮断理由と表示

ガスメーターには液晶画面が内蔵されています。まずは液晶画面の表示で遮断理由をチェックしてみましょう。

青の遮断理由の場合は、お客様ご自身で復帰できる可能性が高いです。下記復帰方法をご覧ください。

緑・赤の理由は業者対応となります。ガス供給会社へご連絡ください。

ガスメーターの復帰方法

1. 全てのガス機器の使用をストップする。

ストップされているかチェック!

  • コンロ…点火ツマミが回ったままになっていませんか?
  • 給湯器…お湯側で水栓を開けたままになっていませんか?
2. ガスメーターの復帰ボタンを『カチッ』と感触がするまで2、3秒押し込む。

ガスメーターの主な場所

  • 一戸建て住宅 ⇒ ボンベ付近の外壁 など
  • マンション・アパート ⇒ 玄関脇の薄い金属の扉の中、マンション・アパートの外壁 など

3. 赤いランプの点滅が完了するまで3分ほど待つ。
※ランプの位置はメーカーによって異なりますが、過半数が表示液晶の側にあります。
※点滅中は復帰安全確認中です。ガス機器は使用しないでください。
4. ランプの点滅が止まったら復帰の合図!
ガスを利用できます。
このページの先頭へ戻る